レイアウト

レイアウト作業とは

  • 翻訳後の原稿をオリジナル(翻訳の元となった)原稿の体裁に合わせて調整する作業
  • 原稿(原文)に図、表、テキストボックス等が含まれている場合、翻訳作業に加えてその調整に必要となる作業(改行、フォント、サイズ、色調整等)
  • 翻訳が必要な原稿(原文)がMicrosoft PowerPoint、Adobe Illustrator、Photoshopなどで作成されていて、翻訳を上書きする必要がある場合に必要な作業
  • 原稿(原文)がMicrosoft MS Word、Excelその他ワープロ、表計算ソフトで作成されている場合でも、図や表、画像等が含まれており翻訳を上書きする場合必要となる作業

レイアウト料金とは

  • レイアウトが必要なページ1ページあたり、図1点あたり、表1点あたり、で加算されることが多い
  • 純粋な翻訳作業とは異なり、翻訳作業効率が落ちるため別途作業料として加算される
ドキュメント(文書)の種類 レイアウト料金
紙原稿 無料(一部有料)
Microsoft Wordファイル 無料または、500円/ページなど
Microsoft Excelファイル 無料または、500円/シートなど
Microsoft PowerPoint 500~1,000円/ページなど
PDFファイル 無料(一部有料)
Adobe Illustratorファイル 2,500~3,000円/ページなど
Adobe InDesignファイル 3,500~4,000円/ページなど

紙原稿(原文が紙媒体)の場合

  • 無料と有料の場合があり
  • レイアウト作業が必要ない場合は無料
  • 作図作表、切り貼りなどレイアウト作業が必要な場合は有料

Microsoft Wordファイル原稿(原文)の場合

  • 無料~500円/ページなど
  • 翻訳したテキストを上書きだけして納品する場合は無料
  • テキストボックスが多用されている原稿(原文)に翻訳を上書きする場合は有料

Microsoft Excelファイル原稿(原文)の場合

  • 無料~500円/シート等
  • 翻訳したテキストを上書きだけして納品する場合は無料
  • テキストボックスが多用されている原稿(原文)に翻訳を上書きする場合は有料

Microsoft PowerPointファイル原稿(原文)の場合

  • 500~1,000円/ページ
  • 原則有料
  • テキストボックス数が少ない場合は無料対応する場合もあり

PDFファイル原稿(原文)の場合

  • 無料~有料
  • Microsoft Wordほかテキストファイルで翻訳されたテキストのみの納品(ベタ打ち)の場合は無料
  • 作図や作表、切り貼りが必要な場合は有料

Adobe Illustratorファイル原稿(原文)の場合

  • 2,500~3,000円/ページ
  • 原則有料
  • Microsoft Wordほかテキストファイルで翻訳されたテキストのみの納品(ベタ打ち)の場合は無料

Adobe InDesignファイル原稿(原文)の場合

  • 3,500~4,000円/ページ
  • 原則有料
  • Microsoft Wordほかテキストファイルで翻訳されたテキストのみの納品(ベタ打ち)の場合は無料

その他のファイル形式原稿(原文)についてはお問い合わせください。

レイアウトのメリット/デメリット

メリット

  • 原稿(原文)に近い美しい仕上がり
  • 翻訳納品後すぐに使用できる
  • 翻訳依頼主が自らレイアウト作業を行なう際に、都度翻訳に関する質問を翻訳会社にせずに済む
  • 翻訳会社のレイアウトに関する知見を活用できる

デメリット

  • 別途料金が加算される
  • 納期が長くなる
  • レイアウト仕様の打ち合せが必要になる
  • 思いどおりの仕上がりにならない可能性がある