校閲・校正すでに翻訳されたものの内容を確認、訂正(チェック)するのが校閲・校正ですが、それぞれの違いは次のとおりです。

校閲(こうえつ:ネイティブチェック)

  • 翻訳された原稿(翻訳文)に含まれる文章の意味や内容を読み、誤りを正します
  • 翻訳された原稿(翻訳文)のみが作業対象となります
  • ネイティブ翻訳者、チェッカーによる作業を行ないます
  • 文法(句読法、冠詞、単数/複数形)チェック、スペルミスチェック、誤字チェックなどを行ない訂正します
  • 訂正結果やその理由などを、訂正箇所毎に変更履歴/コメント機能でご確認いただけます
  • 通常は、翻訳料金の50%ほどの料金でご対応します

校正(こうせい:プルーフリーディング)

  • 翻訳の元となった原稿(原文)と翻訳された原稿(翻訳文)に含まれる内容を比較しながら誤りを正します
  • 作業対象は翻訳された原稿(翻訳文)ですが、翻訳の元となった原稿(原文)を参考資料として利用します
  • ネイティブ翻訳者、チェッカーによる作業を行ないます
  • 文法(句読法、冠詞、単数/複数形)チェック、スペルミスチェック、誤字チェックなどを行ない訂正します
  • 誤訳、異訳、訳漏れ、誤字、表記のユレなどを行ない訂正します
  • 歴史、文化など現地背景にそった表現の翻訳にブラッシュアップ(リライト)します
  • 訂正結果やその理由などを、訂正箇所毎に変更履歴/コメント機能でご確認いただけます
  • 通常は、翻訳料金の75%ほどの料金でご対応します