ビジネス文書の翻訳は翻訳会社に依頼すべき5つの理由

ビジネス文書の翻訳は翻訳会社に依頼すべき5つの理由

一般の方は「映画の字幕」や「洋書の日本語版」などを想起されることの多い「翻訳」ですが、普段あまり意識することがないために目にする機会も無いように思えるだけで、実はそれら以外にも世の中には想像をはるかに上回る多くの翻訳ニーズがあります。

なかでも契約書、プレゼン資料、ニュースリリース、ホームページ、カタログ、パンフレット、チラシといった、ビジネスで使用する文書の翻訳は、翻訳市場のなかで大きなシェアを占めおり、翻訳会社と呼ばれる企業のほとんどが担っているのがこの、「ビジネス文書の翻訳」という業務です。

本記事では、これらの「ビジネス文書の翻訳は翻訳会社に依頼すべき5つの理由」についてご説明します。

利便性

ビジネス文書の翻訳は翻訳会社に依頼すべき最初の理由はその利便性、つまりワンストップで済むことです。

翻訳を自分以外の誰かに依頼する場合、依頼先の探索、選定、決定から情報の共有、工程や納期の管理そして、完了した翻訳内容の品質確認など実に手間が掛かります。翻訳会社に依頼する場合でもその依頼先を決定するまでの手間は同じですが、その後の工程は任せきりにしても大きな問題になることはほぼありません。

また、翻訳依頼においては「ある言語の文書を違う言語に変換する」という純粋な翻訳作業だけでなく、翻訳の元となる文書の体裁を維持するために必要な「レイアウト作業(=DTP)」や印刷、製本、コーディング、アップロードといったさまざまな作業も合わせて行なう必要があることが多いのですが、ある程度の規模の翻訳会社であればすべて問題なく一括対応できます。

さらに、継続的に取引を行なうことで翻訳会社はお客様の翻訳ニーズの発生頻度やパターン、翻訳の品質に関するお客様の嗜好(お好み)そして、お客様のご担当者の癖までも理解するようになりますので、取引が一定の回数、期間を超えるとほとんど手間を掛ける必要のない、まさに阿吽の呼吸のやりとりが期待できるようになります。

よって大切なビジネス文書の翻訳は、忙しい依頼主が自分の本業、主業務に集中するためにも、信頼して任せることのできる翻訳会社に依頼することをお勧めします。

キャパシティ

ビジネス文書の翻訳は翻訳会社に依頼すべき二つめの理由は、その大きなキャパシティです。

優秀な翻訳者であれば前項で述べたような利便性を、翻訳会社と同様にお客様に提供できることもありますが、文字数や単語数といった翻訳が必要な文書量を考えると、翻訳者の作業量にはどうしても限界があるため翻訳会社に軍配が上がります。

業界でも名の知れた翻訳会社は通常、数百名から数千名にものぼる翻訳者やチェッカーというリソースを有しており、その大きなネットワークを最大限生かして構築した大きなキャパシティで、大規模な案件(マニュアルやテレビ、パソコン、スマホゲームのように文字数や単語数が巨大なもの)の短納期対応が可能となります。

また、営業担当者や制作担当者といった社内スタッフも潤沢であるため、通常は営業担当者1名、制作担当者1名の計2名(顧客対応は制作担当者1名で行なう場合もあり)で行なうお客様や翻訳者への対応を、2名以上の複数名で有機的に行なうことができること、それも翻訳会社のアドバンテージでありキャパシティの力と呼ぶことができると思います。

よって大至急翻訳が必要なビジネス文書や大量のビジネス文書の翻訳は、それらを通常(標準納期、標準的な文書量)案件と同様に処理することのできる、キャパシティの大きな翻訳会社に依頼することをお勧めします。

ノウハウ

ビジネス文書の翻訳は翻訳会社に依頼すべき三つめの理由はそのノウハウ、つまり翻訳会社の豊富な実績に基づく知見が活用できることです。

数十名から数百名という規模を誇る翻訳会社ですが、出自によってそれぞれ得意とするところ(分野や言語)が異なるものです。ある翻訳会社は工業系文書の翻訳を得意とし、別の翻訳会社は金融系、さらに別の翻訳会社は法律系、医療系、またある翻訳会社は英語専門だが別の翻訳会社は中国語、さらに別の翻訳会社はドイツ語が得意または、多言語対応力に定評あり、といった具合です。

そしてそれぞれの翻訳会社はその得意とする分野や言語における翻訳を長年、大量に行ない研鑽を重ねているため、蓄積された知見は想像以上に膨大なものです。

依頼主であるお客様がその分野や翻訳の権威である場合はもちろんそのかぎりではありませんが、ほとんどのお客様にとって翻訳が必要となる機会はある日突然、何の前触れもなく訪れるものです。この際、翻訳が必要なビジネス文書が自分または自社が関与もしくは専門とする内容であればまだ良いですが、それでもその翻訳(作業)にまで精通されている方はほとんどおられません。

また、取引先と取り交わすことになった契約書や取引先から提供されたマニュアル、なんらかの申請に必要な書類などを翻訳する必要がある場合はどうでしょうか。その内容、分野に普段から接することが多く、精通されている方はさほど多くないと思いますが、前述のとおり翻訳会社は得意とする分野、言語の翻訳を毎日集中的に行なっているので、そのノウハウを生かさない手はないということです。

よって専門性の高い内容で高度な翻訳技術が必要とされるビジネス文書の翻訳は、実績と経験そして、ノウハウが豊富な翻訳会社に依頼することをお勧めします。

品質担保力

ビジネス文書の翻訳は翻訳会社に依頼すべき四つめの理由は、翻訳の品質を担保することができることです。

ビジネス文書を翻訳するのは大抵、そこに何らかの目的や期待する成果があるからです。海外販路を開拓したいから、海外企業と取引するから、海外に進出するから、海外情報の内容を知りたいから、海外の市場調査を行なうから、海外で申請が必要だから。当社に翻訳をご依頼くださるお客様もしくは、お客様のお客様(ソースクライアント)の背景もこのようなものです。

なかには「予算消化もあり、いつか役立つかもしれないのでとりあえず(翻訳しておこうか)」といった余裕あるお客様もいらっしゃいますが、ほとんどの場合翻訳は、急な対応が必要であるにもかかわらず、厳しい予算のなかでやりくりする必要があるにもかかわらず、重大な目的や大きな成果を期待されるもの、つまり「失敗できない」ものなのです。

翻訳の品質が思わしくなかったことで目的を果たすことかなわず、また、なんの成果を上げることもできず、となると翻訳した本人はもちろん、翻訳を依頼した人もしくは、その上席にまで責任の追及が及ぶかもしれません。なによりも費用を投じて行なった「翻訳」を含むプロジェクトが失敗することは、依頼主または、依頼主の組織にとって大きな痛手です。

よって目的と期待する成果に最適な翻訳を行なうためにもビジネス文書の翻訳は、翻訳の品質をきちんと担保できる翻訳会社に依頼することをお勧めします。

サービス力

ビジネス文書の翻訳は翻訳会社に依頼すべき最後の理由はそのサービス力、つまり一民間企業として有益なサービスが期待できることです。

営利目的である点は翻訳者も翻訳会社も同じですが、外国語を極めることを追求し翻訳品質の向上に尽力される翻訳者がどちらかというと職人気質であるのに対し、多くのスタッフを抱える翻訳会社は固定費と経常利益の確保を最大目的とする、正真正銘の営利団体です。

産業的には「専門サービス業」に分類されること、また扱う商材からともすればアカデミックな印象を持たれがちな翻訳会社ですが、一民間企業として利益を確保するためにマーケティング、セールス、顧客の維持といったアクションが必要なことは、他の民間企業と何ら変わりありません。

つまり、翻訳会社と取引することで期待できるのは利便性やキャパシティ、ノウハウの活用、品質担保力といったここまで述べてきたこと以上に、そのサービス力にあるのです。

  • 無理は承知だがどうしても明日までに翻訳を完成してほしい
  • 全体予算との兼ね合いから今回だけ特別対応してほしい
  • ソースクライアント対応に同行してほしい

といったご要望は当社も毎日のようにいただきますが、都度対応できるのは営利団体である一民間企業として利益確保が必要であること、また組織的な体力があるがゆえです。もちろんすべてに対応できるわけではありませんが、このような不定期で予測不可能な事態にフレキシブルに対応できるのが翻訳会社の強みでありまた、依頼主の立場からはそのような対応が期待できるのが翻訳会社に翻訳を依頼することのメリットでもあります。

よって柔軟で気の利いた対応が必要なビジネス文書の翻訳は、顧客満足を強く意識した、サービス力の高い翻訳会社に依頼することをお勧めします。

まとめ

以上、「ビジネス文書の翻訳は翻訳会社に依頼すべき5つの理由」でしたがいかがでしたでしょうか。

  • 翻訳品質と翻訳料金は完全に比例します
  • 翻訳会社の翻訳料金が機械翻訳に比べて高価なのはこれが理由です
  • そして翻訳者との直取引と比べても高価なのは、翻訳会社と取引することで依頼主が享受できる付加価値にあります

その料金の高さから取引を躊躇されがちな翻訳会社ですが、その存在意義はここまで述べてきたとおりです。手前味噌ですが、翻訳会社との取引によって得られるものは、その料金差を埋めて余りあるものであることは間違いありません。

もし翻訳会社への翻訳依頼でお悩みでしたら、、どうぞお気軽にお問い合わせください。

翻訳商社ノーヴァネクサスの翻訳・通訳・外国語人材サービス

英語、中国語、韓国語をはじめ、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、アラビア語など世界120か国語の翻訳、校閲/校正、通訳、外国語人材サービスをご提供しています。

民間企業様のグローバルビジネス、行政機関様や各種法人様の海外調査や外国人対応から個人様の外国語申請など、お客様の外国語、外国語人材に関するお困り事を解決します。

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

翻訳商社

最新情報をお届けします