翻訳会社の見積担当者が聞きたい5つのこと

翻訳会社の見積担当者が聞きたい5つのこと

翻訳会社に翻訳料金の見積もりを依頼する際、要件としてどんな情報を提供していますか?

  • 日本語のドキュメント(文書)を英語にしないといけない
  • ドキュメント(文書)はMicrosoft Wordで作ったものを提供可能

といった最低限必要な情報だけ伝えて見積もりをとり、最安値を提示した翻訳会社に発注という流れをたどる方が多いと思いますが、これでは良い成果物(翻訳されたドキュメント(文書)を、最適なコストで調達することはできません。

翻訳の見積もりを依頼する際に翻訳会社に伝えるべきことについてはこちらの記事を参照いただければと思いますが、本記事では翻訳会社に翻訳料金の見積もりを依頼する際に翻訳会社の見積担当者が聞きたい情報つまり、伝えるべき情報についてご説明します。

翻訳会社の見積担当者が聞きたい情報を的確に提供できれば、杓子定規な対応を防いで良い成果物(翻訳されたドキュメント(文書)を受け取ることができるだけでなく、通常より頑張った対応を翻訳会社から引き出すことにつながります。

翻訳に期待する成果を伝える

「なんのためにこのドキュメント(文書)を翻訳しなければならないのか」といった「翻訳する目的」を伝えることも大事ですが、それ以上に「翻訳したドキュメント(文書)に何を期待しているのか」つまり、「翻訳に期待する成果」を伝えることが大切です。なぜなら、

  • 英語版ホームページを制作するため
  • 外資系企業と取引契約を結ぶため
  • マーケットレポートを発行するため

といった一歩先の「翻訳する目的」だけでなく、その先にある

  • 海外市場に於ける知名度アップ
  • 外資系企業との取引拡大
  • 最新の世界情報に基づく研究開発

といった「翻訳に期待する成果」を共有することで、翻訳会社の見積担当者にあなたと共同体であるという意識そして、成果を引き出すために一緒に尽力したいという当事者意識を芽生えさせることにつながるからです。

さらにそのリアクション、たとえば

  • 親身になって相談に乗ろうという姿勢がうかがえるか
  • さまざまな翻訳方法や最適な翻訳プロセスを積極的に提案してくるか
  • 自社への発注在りきではなく、依頼主にとって有益かどうかを第一に考えているか

といった翻訳会社の見積担当者の「本音」や「姿勢」が垣間見えるため、信頼できる翻訳依頼先の選定にも役立ちます。

終局的には自身または、自社への利益誘導のために翻訳を依頼することはみな同じなのですが、面前の案件に於いて「翻訳に期待する成果」を伝えることは、「これを翻訳することで自分(または自社)は何を実現しようとしているのだろう?」と自問する機会にもつながり、翻訳依頼をより俯瞰的な見地や判断基準で行なうことができるようにもなります。

よって、翻訳会社に翻訳料金の見積もりを依頼する際は、「翻訳に期待する成果」をかならず伝えるようにしましょう。

見積検討の際に重視するポイントを伝える

翻訳会社に翻訳料金の見積もりを依頼する際に、依頼主が重視するポイントのトップ3は、

  • 翻訳料金(コスト)
  • 翻訳品質(クオリティ)
  • 翻訳納期(スピード)

のいずれかで間違いないでしょう。そして依頼主のほとんどは「最高品質の翻訳を最低料金、最短納期で」と期待されるものです。

当社はこのなかでは「翻訳品質(クオリティ)」にもっとも力を入れ、その次に「翻訳納期(スピード)」、そしてトップ3には入らない「サービス(対応力)」をその特長としていますが、残念ながら「サービス(対応力)」は往々にして「翻訳料金(コスト)」に負けてしまいます。なぜなら、お見積もりからご発注に至らなかった理由が十中八九「他社のほうが(翻訳見積料金が)安かったから」だからです。

「良いものを安く」手に入れたいのは購買心理の最たるものです。読者の皆様も「同じ性能や効果を期待できるものであれば、もっとも価格の安いところから」もしくは「同じ価格であれば、もっとも加価値の高いものを」と何かを買うたびに選択、判断しているのではないでしょうか。

しかし実際には、「より良いものを、より安く」購入している、つまりどこかで妥協しているのが世の中です。なぜなら、大抵の場合「良いものは高く」「そうでないものは安い」からです。ブランド品などはまさにそれで、乱暴な言い方をすれば「安くなっては価値が落ちる」つまりもはやそれはブランド品ではなく、大量生産の汎用品と同じものになってしまいます。

要は「高いには高いなりの理由」「安いには安いなりの理由」があるということであり、これは翻訳も同じです。「どこに頼んでも、誰がやっても同じ(ものが納品される)」と思われがちな翻訳ですが、実はまったくそうではありません。料金、品質、納期のトップ3を例にとれば、

  • 翻訳品質が良い=翻訳料金が高い
  • 翻訳品質が悪い=翻訳料金が安い
  • 翻訳料金が高い=翻訳納期が短い
  • 翻訳料金が安い=翻訳納期が長い
  • 翻訳納期が短い=翻訳品質が悪くなる
  • 翻訳納期が長い=翻訳品質を維持できる

といった図式が成立するものなのです。つまり、3つの要素すべてがトレードオフの関係にあるのです。実際に翻訳料金の見積もりを依頼する際に参考になる実用的な表現をすれば、

  • 高い翻訳品質を求めるなら、それなりの翻訳料金を支払う必要がある
  • 高い翻訳品質を求めるなら、十分な翻訳納期を確保する必要がある
  • 翻訳料金を安くしたいなら、ある程度翻訳品質を犠牲にする必要がある
  • 翻訳料金を安くしたいなら、十分な翻訳納期を確保する必要がある
  • 短い翻訳納期を求めるなら、それなりの翻訳料金を支払う必要がある
  • 短い翻訳納期を求めるなら、ある程度翻訳品質を犠牲にする必要がある

ということなのです。

翻訳料金の見積もり依頼先をインターネットで探すと「業界最安値で最高品質」といった美辞麗句が並びますが、実際にはそのようなことはあり得ないことはこれでおわかりいただけると思いますが、翻訳料金(コスト)、翻訳品質(クオリティ)、翻訳納期(スピード)もしくはそれら以外でもっとも重視する部分はどれなのか、またはどれとどれをトレードオフできるのか、といったことを事前によく考える必要があります。

そしてその結果を元に、翻訳会社に翻訳料金の見積もりを依頼する際は、「見積検討の際に重視するポイント」をかならず伝えるようにしましょう。

翻訳品質を確認するのが誰なのかを伝える

翻訳者 → 翻訳会社 → 依頼主(担当者) → 依頼主(品質最終確認者) → 依頼主のお客様

翻訳は大抵このような経路で世に出ます。最終的に翻訳の良し悪しを判断するのはもちろん、依頼主のお客様です。外国語版のホームページであれば、その良し悪しを判断するのはそれを目にする業界関係者もしくは一般消費者であり、外国語の契約書であればお取引先、マーケットレポートであれば投資家や研究者その他ステークホルダーといったところでしょうか。

しかしこれらの方々が判断するのは、厳密には翻訳そのものの良し悪しではありません。翻訳された結果を読んでどうするか、ということです。ホームページの翻訳が良くない場合、「ひどい翻訳だ」ではなく「この会社から(ものを)買うのは止めよう」であり、契約書の翻訳結果によっては「取引中止」、マーケットレポートの翻訳結果によっては「投資しない」「情報としての信頼性が低いという評価」といった経営判断をされるのです。

よってネガティブな判断を下されないよう翻訳は世に出す前に入念にその品質を確認する必要がありますが、厄介なのは良し悪しの判断基準が数値化できないことです。その上、翻訳は文章であるがゆえに、読み手の嗜好や性格などによって評価が大きく分かれてしまうのです。

そしてさらに(よくある)問題なのは、翻訳会社から納品された翻訳の良し悪しを判断する人と、最終的に翻訳されたものを読んで経営判断を下す人の国籍が異なる場合が多いことです。わかり易く言うと、依頼主の品質最終確認者が日本人で、依頼主のお客様は外国人、といったケースです。この場合、

  1. 依頼主の品質最終確認者(日本人)が良いと判断したのに、依頼主のお客様(外国人)の評価はそうではなかった
  2. 依頼主のお客様(外国人)にとっては良い翻訳なのに、依頼主の品質最終確認者(日本人)の評価はそうではなかった

といった事態が発生することが少なくないのです。

1の場合は単純に、(翻訳会社が納品した翻訳品質が良くなかったことはもちろんですが)依頼主の品質最終確認者(日本人)の外国語スキルもしくは、品質確認体制が不十分であることから早期改善の余地は十分にあります。しかし、2の場合は厄介です。これは、依頼主の品質最終確認者(日本人)が外国語に堪能かつ、ご自身の外国語能力を自負されている場合に起こりがちなのですが、依頼主のお客様(外国人)そっちのけで翻訳会社と品質について揉める事態になることさえあります。

言うまでもなく翻訳品質はそれを以て「依頼主のお客様(外国人)がどう経営判断を下すか」が重要であり、そこを基準に評価すべきなのですが、翻訳が文章であるゆえに残念ながら、依頼主の品質最終確認者によっては評価が大きく分かれることがあるのです。そして翻訳会社はそのことを念頭に、(依頼主との翻訳納品後のスムーズなやりとりを実現するために)納品する翻訳内容を微調整する必要もあるのです。

よって、翻訳会社に翻訳料金の見積もりを依頼する際は、「翻訳品質を確認するのが誰なのか」をかならず伝えるようにしましょう。

翻訳発注経験や今後の予定を伝える

  • ほかの翻訳会社に翻訳を依頼した経験がある
  • その結果は良かった/悪かった
  • 今回はそれら(過去の経験)を元に新たな翻訳依頼先を探している
  • 自社では恒常的に翻訳ニーズが発生しており、今後も定期的に翻訳依頼する可能性がある

翻訳会社に翻訳料金の見積もりを依頼する際にこのような情報を提供することも大切です。なぜならこのような情報は、依頼主に「翻訳発注(外注)に関する経験や知見」や「翻訳発注(外注)に於ける課題(問題意識)」があることを翻訳会社の見積担当者に知らしめ、その対応力の向上に役立つからです。

依頼主に翻訳発注(外注)に関する経験や知見があるとわかれば、業界用語を駆使した一層深い打ち合わせが可能になります。また、依頼主が持つ翻訳発注(外注)に於ける課題意識が共有されれば、その解決に最適と思しき提案を積極的に行なうことができます。そして、将来的な翻訳発注(外注)計画はなによりも、翻訳会社の見積担当者の受注意欲を高めます

何も伝えないと翻訳会社の見積担当者は依頼主のことを「翻訳発注(外注)をよくご存知ない方(素人)」として理解、対応せざるを得ず、かえって混乱を招くような込み入った話も提案も控えがちになるものです。そしてその場合、依頼主にとって本当は有益な情報が十分に提供されない(漏れてしまう)可能性もあります。

よって、翻訳会社に翻訳料金の見積もりを依頼する際は、「翻訳発注経験や今後の予定」をかならず伝えるようにしましょう。

翻訳依頼経験や知見があることを暗に伝える

前項内容ともつながりますが、翻訳会社に翻訳料金の見積もりを依頼する際に「翻訳発注経験がある」と伝えると、翻訳会社の見積担当者は「翻訳依頼に関して少なからず知見がある依頼主なのだ」と改めて気を引き締めるものです。そして(もちろんそのような気は毛頭ないでしょうが)「いい加減は対応は通用しない相手である」と依頼主に対して一目置くようにもなるでしょう。

いい加減な対応が許されないのは翻訳依頼にかぎったことでありませんが、「翻訳発注経験がある」と知らせるだけで「翻訳会社とのやりとりの経験があり、依頼時に注意すべき点や納品時および、その後のフィードバック、修正対応における問題点など全体的に把握している」と暗に伝わるものです。

要は、依頼主であるあなたのことを「翻訳発注(外注)をよくご存知ない方(素人)」と思わせないことはもちろん、「翻訳の取引に厳しい方(玄人)」と思わせることが大事だということです。

翻訳は、納品されてその内容を確認するまでは決して安心してはならないものです。集魚灯のような美辞麗句や安値に引き寄せされて翻訳を発注したはよいが、納品されたものは決して満足のいくものでなく、その修正を依頼するも連絡は途絶えがちで、といった話は残念ながら枚挙に暇がありません。

「翻訳の取引に厳しい方(玄人)」と翻訳会社の見積担当者に初めからしっかりと意識させることで、いい加減な対応を未然に防ぐことができ、また、いい加減な(対応しかしないつもりの)翻訳会社をあらかじめ排除することができます。

よって、翻訳会社に翻訳料金の見積もりを依頼する際は、「翻訳依頼経験や知見がある」ことを暗に伝えるようにしましょう。

まとめ

以上、「翻訳会社の見積担当者が聞きたい5つのこと」でしたがいかがでしたでしょうか。

最後のひとつは実は翻訳会社の見積担当者が「できれば聞きたくないこと」でもあるのですが、翻訳業界全体のサービス改善につながればという思いもありご紹介しました。

こちらでご紹介した5つはいずれも、翻訳会社の見積担当者がより精度の高い見積提案を行なう上で役立つ情報で、優秀な翻訳会社の見積担当者であれば、わざわざ依頼主から伝えずともさまざまな言い回しで聴取しようとしてくるものです。逆に、これらを自主的に探ろうとしない翻訳会社は、その時点で依頼先候補から外しておいたほうがよいかもしれません。

もし翻訳依頼でお悩みでしたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

翻訳商社ノーヴァネクサスの翻訳・通訳・外国語人材サービス

英語、中国語、韓国語をはじめ、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、アラビア語など世界120か国語の翻訳、校閲/校正、通訳、外国語人材サービスをご提供しています。

民間企業様のグローバルビジネス、行政機関様や各種法人様の海外調査や外国人対応から個人様の外国語申請など、お客様の外国語、外国語人材に関するお困り事を解決します。

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

翻訳商社

最新情報をお届けします